http://maternity.blogmura.com/funin/ ベビーと夫婦の気まずい関係
profile

いつも応援ありがとうです
好きなのクリックしてね

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
いま閲覧中!
New Entry
categories
記事ランキング
comment
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
archives

ベビーが欲しいがゆえの
夫との関係の移り変わり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
書籍、こうのとり追って(晩産化時代の妊娠・出産)昨日発売!
 本のご紹介です。

以前取材を受けた毎日新聞の連載記事が1冊の本になりました。(2013/2/28発売)
できたてホヤホヤ。

一気読みとはまさにこのこと、止める事ができず、次のページ次のページ。。全部読んでしまいました。
あとでじっくり読み直そうっと。


内容は不妊、第三者提供、出生前診断、不育、養子縁組と盛りだくさんですが、
みんな子を持ちたいという気持ちは同じで、共感するポイントが多々ありました。
当事者の声があり、その章ごとにデータや医療関係者へのインタビューもあり、
現状を把握するにも参考になると思います。

担当の記者さんとは不妊治療中からお付き合いがありましたが、私が協力した部分は「不育症の苦しみ」の章です。
結果この取材の数ヶ月後に私は死産になりましたが、
この本は証になったな〜、なんて思います。あの子を妊娠していた事実が確かにあって、1冊の中の一部として残ったことが、うれしいです。


著名人へのインタビューでダイヤモンドユカイさん
「治療は楽しい作業ではないし、失敗すると何も残らない。「きっと未来がある」という思いだけに支えられている。

という言葉がありました。あーーー。この言葉がグサグサきました。
ほんと、その「思い」だけに支えられてる。ユカイさんが不妊治療の番組でコメントしているのを度々見ますが、男性不妊でも治療は女性がつらいので!とハッキリ言う姿がカッコいいと思ってました。今回もこの本読んでまた好感度アップです。

また、不妊治療している人に「養子とればいいじゃん」と軽く言う人がいるけど、
その部分については「心でつながる親子」の章で触れられている。乳児院にいるたくさんの赤ちゃんの中に養子縁組の対象の子はめったにいません。乳児院にいる子は母親がいるからです。
今の日本の現状を本を読んだ人が少しでも理解してくれればいいと思います。



ぜひ!
不妊治療関連の書籍 / 15:29 / comments(0) / trackbacks(0)
不妊当事者の声を国に届けようアンケート(助成金・保険適用)
いままでの治療でいくらかかったのか、頭が痛くなる話題です

体外受精をスタートしたら恐ろしいスピードでお金が減りました
1年半くらい体外受精に打ち込んで7回したら400万を越えました。1回50万〜60万だったのでそうなりますね。助成金は所得制限により対象外です。

NPO法人Fine(不妊体験者を支援する会)がアンケートを実施してます。はなまるの不妊特集見ました?代表の松本さんが出演して患者の心の声を伝えてくれてましたね。我々もちゃんと意思表示をしなくては。。

Fineは今まで厚生労働省にいろんな要望書を提出してます。
例えば、仕事してる人の通院が大変であることを訴え、自己注射の許可を得ました。ペン型フォリスチムも可能に(ペン型は特殊の針で痛くないんです、私も使ってます!)
2009年には当時の少子化大臣の小渕優子さん、そして野田聖子さんに面談し、患者の苦悩を聞いてもらいました。その2ヶ月後に助成金を10万円→15万円にアップすると小渕さんが発表しましたよね〜〜。患者の声は大きな影響あったと思います!(詳しくは→国政への働きかけ
Fineのことは知らなくても、自分の治療に関わってる人いますよね♪そして世間は不妊ブーム。ブームは嫌だけど不妊特集やNHKの卵子老化の特番が目立ちます。今、この流れに乗り行動しましょう。

「不妊患者の経済的軽減のための署名活動」
私たちの声を国に届けましょう!

         

選択式なので簡単です。じっくりやって15分、さっくりで10分で終わります。名前書かなくてオッケーです。(プレゼント希望の人は住所、氏名必要)

ここのブログにはGoogle Analyticsによると一日1000人訪れてます。(ほんとにありがとう〜w)ブログ村ランキングのマタニティでも1位になりましたが、アンケートにもご協力いただけると嬉しいです☆

死産後〜死産から3ヶ月 / 20:36 / - / -
自分の誕生すら喜べない。
 娘のことを考えると、どうして産まれて来てくれなかったんだろう。。と思わずにはいられない。出産した友人たちが口を揃えて「元気に産まれて来てくれて親孝行だ〜」と言う、うちの子は、それができなかった。

正月を明けて私は37歳になった。誕生日というものをとても意識するようになった。「誕生」という言葉。
37年前に誕生したわけだけど、それは親は喜んだだろう。数年後に離婚したけどこの時の写真は嘘偽りなく幸せそうだ。

いまだに私の産まれた時のことを母親が自慢する。それは私本人のことだから私に言われても仕方ないのだけど、「色白で、目が大きくて、他の子と並んでても全然違うの、いつもあなただけは婦長さんがお風呂に入れてくれたんだから!」と。

それ、子供いない人に自慢してないよな。。。と心配になる、なにせ空気全然読めない人だから。

で、私はこんな空気の読めない母親を喜ばせるために産まれて来たんだけど、両親はデキ婚で、はっきり言って待ち望んだわけではなく、突然妊娠してると知ったわけで待ち望むヒマは無かった。そりゃ、子供ができて嬉しかったとは思うけど。
私と夫は長年我が子を待ち望み、日々の生活も健康に気をつけて体調改善につくし、排卵の時期に振り回されてきた。妊娠してからも子供の成長に良いものを食べ、階段など注意し、胎児ドックを2回受けたりすべてに慎重にしてきた。うちの親なんかよりもっともっと頑張ってるのに、喜ぶことはできなかった。

この差はなんなんだろうね。

どうして私の心臓は37年も止まることなく動いているんだろう。
怪我もなく、事故もなく無事に生きているんだろう。
何をしたわけでもないのに。
自分の誕生すら嬉しくなくなってしまった37歳の誕生日でした。

今1位!!!ありがとう!



死産後〜死産から3ヶ月 / 15:14 / comments(2) / trackbacks(0)
お正月誰にも会いたくないから。
 結婚してから正月の挨拶は必ずしてる行事のひとつ。向こうもこっちも。お節の差し入れしたり着物きたり、結構楽しく参加してる方。

だけど今回は、妊娠してることもダメになったことも知ってるし、途中までしか知らない親戚もいると思うし、そんな親戚の前でやっぱり何事もなかったように正月をめでたく祝うことはできなくて、弟は5人子供連れて来るだろうし。
もしももしも「去年は大変だったね」などとそんな場で言われるのも嫌だし、元気にふるまう自分も嫌。よくある系の気を使っていう言葉が反対に傷つくという事もありえる。

色んな可能性を考えてしまい、

結論!!誰にも会いたくない!!ということになりました。

お正月は出産後すぐのイメージを抱いてたから、特に気持ちが沈んでいた。

ま、理解できる人は喪中だと察してくれるであろうけど、こちらからお正月行きません、とは言いにくいので、海外旅行に行く事にしました。日本脱出。

国内の1泊温泉だと、ダメ。休みをびっしり使う海外じゃないと意味が無いのだ。


年末年始の旅行はもちろん高額。それは知っているからしたことがない。夫は「なにもこんな旅費が高い時に行かなくても」と言った。が、
「楽しい予定を入れたいの。。」の一言で納得してくれた。

それからはやることを与えられたかのようにパソコンに向かい、10月頃から予約が埋るため、早い時期から旅行プランを検討することで気が紛れたのも事実。


ひとつの心配事が終わり、正月明けは気持ちが晴れて行くのがわかりました。それは出産予定日や正月の赤ちゃんをお披露目するという私の想像してた出来事が一通り終わり、現実に塗り替えらたからかもしれない。

これからは現実を地道に歩いて行けばいい。





死産後〜死産から3ヶ月 / 10:45 / comments(1) / trackbacks(0)
看護士さんからの手紙
死産から1ヶ月が過ぎた頃、お世話になった看護士さんから手紙が届きました。

なんだろう・・・


手紙は、「どうしてもお伝えしたいことがありお便りを」から始まりました。
ステキな内容だったので一部だけ、

本当にどうしてどうしてこんな事にと思わずにはいられなかったあの日、どうしてお空に帰ってしまったのと思わずにはいられなかったあの日・・・その後どうされているだろうか、赤ちゃんはママにあまり辛い思いさせずに生まれてくれたか、と毎日気にしてました。

突然思った事がありました。

赤ちゃんはきっと神様に「お前には短い命しかあげられない、ママのお腹に入っても生きて産まれる事が出来ない運命なんだよ。そんなお前は誰のお腹に入りたい?」と聞かれ、迷わずあなたのお腹に入る!と答えたのだと思います。
「この人だったら絶対にお腹に入った私を心から愛しんで大事にしてくれる。そして私がお空に帰ったらものすごく悲しんで泣いて、でもそれでも必ず妹か弟を産もうと思ってくれるから」そして「一緒に悲しんで、支えて歩んでくれるパパが側に居ますから」と。
こんな可愛い声が私に聞こえてきました。
今回はあまりにつら過ぎて悲し過ぎる出来事でした。だけど赤ちゃんはあなたのお腹に入りたかったのです。赤ちゃんがパパママと思う人はご夫婦だけだったと思います。

スタッフ一同ご夫婦のことを案じ祈っています。またお目にかかれる日をお待ちしてます。


久しぶりにブログに書くため手紙を開いたら、当時のように号泣してしまいました。死産から1年半してもあの子への想いはあの頃となんら変わってないとはっきりわかりました。
絵本のような童話のような物語を読んで、頭の中で神様と娘のやりとりを思い浮かべました。
またお目にかかれる日を、というのは妊娠してまた病院に来てくださいということでしょう。
死産した後に疑問を抱きながら靄の中を歩いている人は私だけではないと思い紹介しました。きっとみなさんの心にも届くものだと思い・・・。

この手紙は大切にします。

同じ悩みをもつ仲間がブログ村にはいっぱいいます☆
死産後〜死産から3ヶ月 / 11:55 / comments(8) / trackbacks(0)
感謝する人 友達編
家に来てくれた友達

私のこの知らせを聞いて何人かの友人、知人が家に来てくれました。
たぶんこの時期に訪問はしにくかったと思います。
私が逆の立場だったら何と言っていいか、言葉が見つからないから。

娘の遺骨に手を合わせてくれた時は胸が熱くなりました。
友人には娘が見えてることが嬉しかった。存在を知っててくれてるというか。
死産から3ヶ月の間、会ったのはほんの数人。感謝し尽くせません。


過去を打ち明けてくれた友達

「うちも流産と死産だったから・・・」と打ち明けてくれたのは同級生の男性。
今は2人子供がいて、そんなことがあったんなんて全然私は知らなかった。
彼は「亡くなった7ヶ月の子供の顔を見た時、本当に味わった事のない感情に襲われた。火葬もあるから色んなことがリアルで。」と語ってくれました。「今は何かに一生懸命にならなくていいから。hibikiの後ろには同級生の仲間がいるから。」とも。
ずっと前に、子供の悩みを言ったとき、彼は「大丈夫、大丈夫できるよ」と一瞬の間も置かずハッキリ言ってくれたのは、きっと自分もそう信じた時期があったからなのかもしれない。


私のために子宝草を育ててくれてた友達

治療をしてること応援してくれてるお友達。彼女は出産したばかりで、子供は同級生になる予定で、妊婦の時に一度だけ会い親より喜んでくれてた。

「一生懸命がんばったのに何でこんなことになるんだろうね、何でこんなに辛い思いをしなきゃいけないんだろうね。いつもhibikiちゃんとお腹の赤ちゃんのことがすごく心配でした。私が行ったりしたら余計に悲しいだろうし。本当に辛いのに何もできなくてごめん。」
とメールをもらった。
がんばっていたこと知ってる人がいる、、不育の治療してても不安は拭えなかった。彼女も心配してくれてたと思うとうれしかった。

その後、彼女は子供ネタは一切言わなくなり、久しぶりのランチをしたときも「親に預けて来たの〜」と軽く言ってたけど、もちろん私のこと気にしてくれての配慮だとわかりました。ありがとう。




まだまだたくさん・・・
心配して連絡をすぐにくれた人、
いつでも帰ってくるの待ってるよと言ってくれた人
一緒に泣いてくれた人

私の周りにいるたくさんの人の言葉と思いの積み重ねで今があると思ってます。




同じ悩みをもつ仲間がブログ村にはいっぱいいます☆

死産後〜死産から3ヶ月 / 12:05 / comments(2) / trackbacks(0)

<< New   /   Old >>











Your recomend
Recommend
hibikiの本棚

health&beauty
sponsor
others
/* -- グーグルアナリティクス用 -- */