http://maternity.blogmura.com/funin/ 成育医療センターの不育科受診 | ベビーと夫婦の気まずい関係
profile

いつも応援ありがとうです
好きなのクリックしてね

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
いま閲覧中!
New Entry
categories
記事ランキング
comment
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
archives

ベビーが欲しいがゆえの
夫との関係の移り変わり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
成育医療センターの不育科受診
死産から2ヶ月ほどしてから、胎児の染色体異常の検査結果や胎盤の状態を聞きに受診した際に、担当した医師から
「今度は・・・不育症を理解した入院施設のある病院に受診した方がいいです・・・ね。」
と言われました。
今度って、
だったら、言ってくれればいいのに。不育の知識がないなら無いって。。
そういえば、ヘパリンを12時間おきに注射してたので、おおよそ200回はお腹に自己注射したのだけど、アザだらけになるんですよ、しこりもできるし、ここの病院の看護士さんが「どうしたんですか!!!」と見ちゃいけないもの見たような焦って言ってました。「不育症で」と答えても「???」という顔だった。
そういうことだよね。私が悪かった。
この病院は都内でも有数のNICU完備で高齢妊婦も安心、という総合病院なんだけど、
ついにそこからも私見放されたんだなと思いました。
そして、その「今度」の為に成育医療センターを受診しました。不育科のある産婦人科というと慈恵大病院もありますね。
3ヶ月待ち当たり前と聞いてたけど、運良くすぐの日程で取れました。
医師は女医さん。
今までの検査、胎児ドック2回分のデータ、杉WCの検査結果、死産後の結果を全て持って行くと、丁寧に一つずつ確認してくれました。
女医さん「ほとんどの不育症の検査をしていますが、ひとつ実験的に北大と成育だけでやってる検査がありますが、しますか?」と聞かれ、それをすることに。。(後日結果、異常なしでした)
そして・・・どうしても聞きたかったことを、聞きました。
私「胎動が弱くなったときに病院に受診していれば、何か手の打ちようはあったんでしょうか。」
正確には産婦人科には受診した。問題ないと帰されたけど、そこじゃなく杉WCに行けば助かったのか。ということがずっとずっと気になっていて、その日に何度も引き戻されていた。
女医さん「あなたは、お腹の赤ちゃんのことを一番に考えてて、それは検査のしてきた種類を見ればわかりますよ。通常では受けない胎児ドックを2回もしていて、出来る限りのことをしてきましたよね。お子さんははじめから25週までの命で、お母さんのお腹の中で精一杯生きたと思いますよ。」
と言ってくださいました。
私、話しを聞いている最中に泣いてしまい、それもすごく、涙止まらなくなってしまって。
女医さんは続けて
「みなさんそうなんです、ご自分を責めてしまうんです。でもそんなことありませんよ。」
胸のつかえが少し取れた気がしました。私が楽になるなんて、娘に悪いけど・・・
でも、この女医さんのかけてくれたような言葉は死産した病院の医師からは無かった。出産のときも無言だったし。
看護士さんはとても気を使ってくれて言葉をかけてくれたけど、やっぱり医師の言葉は重く、その後の快復に影響すると思う。
不明なことが多い死産、どうして我が子は死んでしまったの、という考えても考えても答えがないけど母親は考えるんです、あの事かあの事か、自分のした何かがいけなかったと。原因不明なら、この女医さんのような言葉がすべての医師からあってもいいのではないか、、と思いました。
死産後、治療再開 / 22:08 / - / -
スポンサーサイト
- / 22:08 / - / -

<< Next   /   Prev >>











Your recomend
Recommend
hibikiの本棚

health&beauty
sponsor
others
/* -- グーグルアナリティクス用 -- */