http://maternity.blogmura.com/funin/ お正月誰にも会いたくないから。 | ベビーと夫婦の気まずい関係
profile

いつも応援ありがとうです
好きなのクリックしてね

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
いま閲覧中!
New Entry
categories
記事ランキング
comment
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
archives

ベビーが欲しいがゆえの
夫との関係の移り変わり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
お正月誰にも会いたくないから。
 結婚してから正月の挨拶は必ずしてる行事のひとつ。向こうもこっちも。お節の差し入れしたり着物きたり、結構楽しく参加してる方。

だけど今回は、妊娠してることもダメになったことも知ってるし、途中までしか知らない親戚もいると思うし、そんな親戚の前でやっぱり何事もなかったように正月をめでたく祝うことはできなくて、弟は5人子供連れて来るだろうし。
もしももしも「去年は大変だったね」などとそんな場で言われるのも嫌だし、元気にふるまう自分も嫌。よくある系の気を使っていう言葉が反対に傷つくという事もありえる。

色んな可能性を考えてしまい、

結論!!誰にも会いたくない!!ということになりました。

お正月は出産後すぐのイメージを抱いてたから、特に気持ちが沈んでいた。

ま、理解できる人は喪中だと察してくれるであろうけど、こちらからお正月行きません、とは言いにくいので、海外旅行に行く事にしました。日本脱出。

国内の1泊温泉だと、ダメ。休みをびっしり使う海外じゃないと意味が無いのだ。


年末年始の旅行はもちろん高額。それは知っているからしたことがない。夫は「なにもこんな旅費が高い時に行かなくても」と言った。が、
「楽しい予定を入れたいの。。」の一言で納得してくれた。

それからはやることを与えられたかのようにパソコンに向かい、10月頃から予約が埋るため、早い時期から旅行プランを検討することで気が紛れたのも事実。


ひとつの心配事が終わり、正月明けは気持ちが晴れて行くのがわかりました。それは出産予定日や正月の赤ちゃんをお披露目するという私の想像してた出来事が一通り終わり、現実に塗り替えらたからかもしれない。

これからは現実を地道に歩いて行けばいい。





死産後〜死産から3ヶ月 / 10:45 / comments(1) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / 10:45 / - / -
comment*
人の気持ちは人知れず。 時は流れても戻らず。日は沈んでもまた昇る。この世に生を受けてるからこそ、悲しみも喜びも感じる事が出来る。でも、その事は明日への道の扉だと思います。
この世に無駄な事は一つもありません。 全てが次の扉の為の扉なのです。
私も同じ経験をし、とても辛い思いをしました。 でも、笑うようにしました。何故なら、辛いのは私より妻だからです。
その後、様々な困難を経て、子供を授かる事が出来ました。 それを機に、発達障害の勉強をして、ハンディを背負っている子供達と、親子さんの手助けをしたいと日々奮闘しています。何故なら、私の子供は健康に産まれましたが、確率の問題で、可能性ががあったからです。せめてその様な子供達と共生していきたいと考えました。
貴女は辛い思いをされていると思います。 でも、貴女の将来はその子の思いの上に成り立つのだと思います。忘れる事は全く必要なく、反対に一緒に生きていきましょう。 共生。その思いが貴女の行く先に光を与えてくれると思います。
このようにメールするのが初めてです。頑張らないで頑張りましょう!!
トントンの森 / 2013/03/19 10:55 PM





この記事のトラックバックURL

<< Next   /   Prev >>











Your recomend
Recommend
hibikiの本棚

health&beauty
sponsor
others
/* -- グーグルアナリティクス用 -- */