http://maternity.blogmura.com/funin/ ラパロ〜復活 | ベビーと夫婦の気まずい関係
profile

いつも応援ありがとうです
好きなのクリックしてね

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
いま閲覧中!
New Entry
categories
記事ランキング
comment
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
archives

ベビーが欲しいがゆえの
夫との関係の移り変わり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
セントマザー田中温先生のセミナーに参加してきました!
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
 
ジネコの特別企画、
「セントマザー田中温先生セミナーin東京」

〜赤ちゃんを望まれる夫婦のために〜

に参加してきました。
講演の様子はネットでライブ中継もされてたようで、全国の赤ちゃん待ちしている人にはうれしい企画。
かねてより全国の不妊治療のレベルの格差が激しいことに問題があると思ってたので、
こうゆう企画、今後も進めて欲しいです。


セントマザーの田中先生といえば、
不妊治療の世界では超有名な先生、そしてJISARTの理事長です。(ちなみに私の通院してるクリニック院長もメンバー)



でも・・・北九州。


月に1度行われる東京でのカウンセリングはいつも予約でいっぱい。
絶対にお会いする事はないだろう、と思ってたのでこのチャンスに感謝します!


先生がお話を始めると、一斉にメモ取り開始。
みんな真剣です。

「あらかじめもらった質問を拝見させてもらいました。今日参加してくれてる皆さんは長い間かなりの苦労をしてこられてます。」

こうゆう言葉ひとつで救われるんです、わたしたちは。
始まったばかりでウルウルきました。


はじめの1時間はけっこうなハイスピードで基礎治療〜高度治療までをザザザーーーーっと説明。その中でも知らなかった気になるポイントが多数ありました。見逃さないようにメモメモ。

気づけばあっという間に1時間が経過!自分の関心のあることってこんなにも集中して情報をインプットできるんですね。
全国から患者さんが集まる理由がわかりました、
それは、先生の熱意です。




つづく
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
ラパロ〜復活 / 17:15 / comments(0) / trackbacks(0)
セントマザー田中温先生のセミナーに参加してきました!2
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
 
つづき

ポイントになった気になる部分だけ箇条書きにしますね、私の解釈も多々入ってますが・・・

あと、セントマザーの質問コーナーに主な回答が掲載されてます、こちらはとても参考になります。
ABC不妊治療Q&A(専門医とスタッフが答える なかなか聞けない不妊の疑問)


子宮内膜について
内膜を厚くしたいという人が多いですが、内膜の厚さのほとんどは遺伝子で決まってものだそうです。ただ3ミリでも妊娠した人がいるので、結局は卵の力と言ってました。

子宮卵管造影について
異常がなくてもそれは卵管通気を確認しただけで、腹腔内が沈着していることが多いそうです。それには腹腔鏡検査もするべき。沈着があって手術をすると妊娠率はあがります。(ただし人工授精まで)

男性不妊について
無精子症は100人に1人という珍しいものではないこと。奥さんだけが病院に来て検査する人いますが、男性の精液検査は何もりも先にしてほしいもの。
精子の数が極端に少なければ、タイミング〜人工受精を飛ばす必要があります。女性の年齢との戦い、時間を無駄にしないために男性は女性よりも先に検査を!
また、精子が無い、と言われてる人たちにも精子細胞を使う治療があって希望があると言ってました。


採卵について
自然採卵か誘発採卵どちらが良いか、については、年齢によるそうです。
年齢(卵巣年齢のこと)が高ければより自然が良い
また、結果がでないのに何度も同じ誘発剤で治療を続けることは、患者さんをきちんと診て無いのでは?と疑問をなげかけてました。色々な方法を試しならが進めるのが正しい治療だとも言ってた。
毎回違う医師が診るのも良くないそうです。それだけ人それぞれの体の反応があるってことでしょうね。マニュアル通りにD3からこの薬を使って、D5にはこれを追加・・・というものではないそうです。転院が頭を過ってましたが、やっぱり今の病院が一番良いのかな。
そして取れる卵ですが、20個以上は質が落ちるので、多ければ良いものではないそうです。
10個前後が良いとも。


移植について
採卵した周期ではなく、できれは凍結して体が落ち着いてから移植をすることをおすすめしてました。特に刺激をたくさん受けている人はホルモンが乱れているため、着床状態になってないそうです。ただ、凍結は必ず卵の質を落とす!と断言。更に凍結方法も施設によって異なるので、きちんとした施設を選ぶこと・・・と。それは難しい凍結方法なんて病院に聞けないですよね。

胚盤胞について
数年前までは桑実胚の移植しか無かったのだから、胚盤胞へのこだわりを持たないこと。育たずに全滅してしまうなら、桑実胚でも十分結果は出せるそうです。

D3の数値について
E2が50以上、FSHが20以上だとピルで1クールお休みした方が良い。
更に月経中のエコー検査は重要で、胞状卵胞の数で排卵誘発方法を見定めるそうです。
この胞状卵胞の数によって、この先治療をまだ続けるかどうか判断する大きな決め手となるみたい。質問者にしきりに胞状卵胞の数は?と聞いてました。
また、前の周期の卵が残ってると採卵しても空砲だそうです。
月経のときのエコーは嫌だけど、採卵周期にはD3にチェックしてもらいましょう!!

つづく

ラパロ〜復活 / 21:33 / comments(0) / trackbacks(0)
セントマザー田中温先生のセミナーに参加してきました!3
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
 
つづき

後半はあらかじめ提出している質問&その場で質問を受付してました。(内容は2に含む)

次から次とあらゆる質問に答えてくれました。
この会場にいる人みんな、不妊治療の患者さんですが、治療歴も経験も体の反応も全部違う。高度治療は、自分に一番合っている治療法を見つける旅みたいなものでしょうか。

飛行機で北九州に帰らなければいけないという先生。スタッフが心配する中、ギリギリの時間まで相談にのってくださいました。きっと最終便です。

ああ、ホントに先生、ありがとうございます。


そして私自身にもアドバイスをいただきました。
2度の流産という結果から、やはり不育症の検査が必須であること、
そして、移植当日から判定日まで小児用アスピリンを服用するようにすすめられました。これは不育症の検査の結果には関係なく。

次はステップダウンして人工授精を考えていることには賛成してくれました。
人間は同じやりかたをずっとするのはいけない、とのことです。
体外をして、その合間に人工授精も入れる、そうゆうのが良いと。
5年ぶりの卵管造影検査はすすめられましたが、妊娠した経験があるので腹腔鏡は必要ないとのこと。
料金システムにひかれているクリニックへの転院を考えている旨伝えると、今私が通院している病院と考え方が全然違うよ!とハッキリ言われました。金額だけでは動かない方が良いのか・・・


「陽性反応が全く出ないよりは、妊娠した事実があるので、これは良い結果。
ただ、流産することは妊娠しないことよりもつらいこと。天国から地獄ですから。」
と、どなたかの質問に答えていた先生の言葉がとても心に残りました。

「妊娠したんだから、大丈夫だよ!」「またすぐ妊娠するよ」・・・
先生が言ったことを理解した上で言ってる人は少ないでしょう。妊娠という事実だけ取り上げた励ましの言葉は、私にとっては「無」です。
ハッキリと言えますが、流産するなら妊娠しない方がいいです。妊娠してない人にとっては陽性反応が出ただけいいじゃない、贅沢な・・・、と言われるかもしれないけど、だってそうなんだもん。

これは一番近くにいて涙を見ている夫にもなかなか伝わらない。
その気持ちを先生が代弁してくれて、うれしいです。


このセミナーは、専門的な医学の勉強にはもちろんなりました。
でももっと大事なことを教えてもらった気がします。
患者に寄り添う治療が大切、医師側から教えてもらうことになるとは。
そこが田中先生の魅力ですね。



おしまい



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
ラパロ〜復活 / 22:18 / comments(2) / trackbacks(0)
みんな子供連れだから行きたくない BY 夫
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
 
夫の友人たちからバーベキューのお誘いがありました。
お花見とかクリスマスパーティとか、ことあるごとに集まっている仲間たち。

独身からの付き合いで、彼女を連れて来るようになり、いつしかそれぞれ結婚し、子供ができて家族で参加するようになった。
10年の歴史です。

すご〜〜くたくさんのカップルが参加しますが、子供がいない家族って・・・・・・・2組だけ。再婚した人も赤ちゃんできましたーっ。


「hibikiも行こうよ」

「え、私勉強会だから行けないよ」(月に1度の不妊治療の勉強会の日)

「えーーーー!」

「一人で行きなよ、君の友達でしょーが!」

「hibiki行かないなら、俺も行かない。」

「はい〜?なんで。」

「だって、みんな子供いるし・・・家族でかたまるし・・・」


なにをーーー、うじうじと!お前は女の子かよ!
ま、確かにバーベキューとか子供中心になりますしね、一人で行くと居場所が無かったりするもんです。しかし夫がそんなこと考えてるとは、思わなかったなぁ。。。ブツブツ。
結局は勉強会をお休みし、ふたりで参加してきました。


そして久々に会う妻たちの二人目がでかくなってる。
すこぶる成長力です。

「今何ヶ月?」と、もちろん1歳以下だと思って聞くと、
「もう1歳半だよ〜」「こっちは1歳8ヶ月〜」という回答が!
そんなに?あははは〜っ
またやってしまった。子供の年齢全然わかんないんだよね

その子を抱っこして「早く欲しい〜〜〜〜っと夫。
そりゃ、まぁ欲しいですけど。。。すごい直球ですね。何と返していいか困りました。


子供はあっちこっち走り回るし、突然トイレ!とか言うし、他のグループにお邪魔したり、その度に親が「すみません、ごめんなさい」と謝りながら後ろを追いかける。あ、ああホントに大変です。
「暑っついねーーーー」 とシートに寝転びながらビール飲んでんのは私と夫だけ。
悲しいくらい気楽なもんです。

ラパロ〜復活 / 19:14 / comments(0) / trackbacks(0)
大黒摩季さんの告白
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

強い女性!かっこいい女!突っ走る女!ってイメージ。
いや、実際すごいかっこいいんです、何度もライブに行きましが、ホントにはじけるパワーなんです。
だから今回の活動休止の告白、子宮疾患のこと、体外受精へのチャレンジ、そして流産のことを知って、とてもショックです。
昨日知ったから、昨日、今日でまだ信じられず、
あの注射も採卵も、移植も、流産も、あんなつらい一連を摩季さんが経験してたなんて。

今日、とくダネに出演してたの見ました。
1994年の曲「夏が来る」を熱唱。
懐かしさと恥ずかしさ、若い頃を思い出しました。あの頃は私も子宮も元気だったのになぁ〜、なんて思いながら。
久しぶりに歌ってる摩季さんを見てると、切なくなってきて涙が止まらかった。

不妊治療については、「子供ができたら一番に見せびらかせに来ますから!」と小倉さんに元気に答え、
病については、「負けるもんか!」と強く語ってました。

ぐっときましたねぇ・・・

若い頃は曲を通して摩季さんに励まされてたのに、またこの年になって不妊治療でも応援されてしまうとは。。。
久しぶりに、着いて行きたい!私も頑張らなければ!って純粋に思いました。

真鍋かおりも号泣、私も号泣。朝から泣いたよ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

ラパロ〜復活 / 18:53 / comments(2) / trackbacks(0)
夫とのケンカ更新中
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
 
なんか最近イライラして、原因は夫です。
夫が悪いと思います。(ここはハッキリ)

このケンカを分析すると、積み重ね積み重ねが爆発したパターンです。

だって!聞いてください!


卵管造影検査の検査する話をしたときに、
これ検査した人なら誰でもわかると思うけど、すご〜〜〜く痛いですよね!
それでも再検査した方がこれからの治療に良いと思ってするんですけど、
「管を膣から入れて卵管が通っているか調べるの、すごく痛いんだよ」と言っても、それに対して夫は特に反応なし。。。。

かわいそうにかわいそうに、と言って欲しいわけではないけど、前にしたときのことすっかり忘れてるってことだ。
覚えて無いにせよ「痛いのに、大変だね」くらい気遣ってくれてもよくない?

ま、そこはちょっとイラっときたけど、ぐっと抑え、
次に不育症の検査をすることになったことに話をすすめた。

不育症の検査はたくさん種類があるから、採血は数本するかもしれないと先生に言われ、もーーー、注射嫌いな私はゾッとしてました。

「どんな検査?」
「採血だよ」


「なんだぁ〜」


“なんだぁ〜”って言った?今、なにげになんだ〜って言った!!!

だったらアンタしなよ!




どーして人のつらさを感じることができないんだろう。
どーしてそんな風に育ったんだろう。

私がしてる不妊治療をなんだぁって思ってる人のために何かできますか。



っで、そんなことが心の中で悶々としてて、更に日曜日にもくだらない事がきっかけで口ケンカして、

最終的には「相手を思いやる気持ちが持てないなら、う終(by私)ってところまでケンカは発展。

今日まで口きいてません。


流産したときに激痛で「痛いー痛いー」と明け方まで眠れずに苦しんでいたとき、「変わってあげれないんだから、そう言われても仕方ないよ。」と言われました。鬼です。ヒトデナシです。
鏡を見ると顔面蒼白だったから「私、顔色悪くない?」って聞くと、「うん悪いね。」とのこと。どーして「顔色悪いけど具合大丈夫なの?」とか先に言えないのかな。
「今回はつらかったね。」ってどうして一言、言えないんだろう。言わないものですか?
先生には言われましたよ。


こうゆうことって人間の基本だから、言って治るものでは、、、ないような。
今までもこんなことは度々あり、支えて欲しいとき、大事なとき傷つき寂しい思いをしてきました。


考えるわーーー・・・



砂の城のように崩壊は一瞬かもしれませんね。
ラパロ〜復活 / 00:20 / comments(9) / trackbacks(0)

<< New   /   Old >>











Your recomend
Recommend
hibikiの本棚

health&beauty
sponsor
others
/* -- グーグルアナリティクス用 -- */