http://maternity.blogmura.com/funin/ 採卵〜移植パート5 | ベビーと夫婦の気まずい関係
profile

いつも応援ありがとうです
好きなのクリックしてね

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
いま閲覧中!
New Entry
categories
記事ランキング
comment
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
archives

ベビーが欲しいがゆえの
夫との関係の移り変わり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
不妊治療を諦めた先にあるもの
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

あまり悲しいことがあっても泣きません。
ひとりでは泣くかもしれないけど、人前では滅多に出さない、出せない人間です。
思いっきり泣いて甘えて頼ることができればいいのに、と思うときあります。

父が亡くなってから半年くらいはひとりで泣いてました。
きっとそんなこと、夫は想像すらしてないでしょう。だって普通にしてるから。

でも今回の判定日は凹みました。
仕事をして家に帰り、ブログをUPしたけど夫も遅いし、ひとり眠れない。

それで、あるブログを見てみる事にしました。

まぐ ? まぐ 〜 不妊治療 もう一つの選択 特別養子縁組 〜
(最新号ジネコでも連載がはじまったばかり、あとで気づきました)

教えてくれたのは、東京大学大学院で社会学の研究をされている、野辺陽子さん。
(野辺さんの記事→babycome 養子制度について考える
先日Fineを通じてお会いして、不妊治療中の人(してた人)が養子縁組についてどう考えているかという取材を受けたのです。*のちに取材のことは詳しく。

養子を迎える方法があるってことは知ってるけど、漠然としたイメージだけ。
実際に当事者の気持ちを知ったのは初めてでした。
判定日に読む事になったのは偶然・・・?
落ちるだけ落ちている私は、涙がボロボロ止まりませんでした。
不妊治療を諦めた夫婦の先に、想像以上の温かい、幸せがありました。
なぜ私まで感動?でも不思議と迎えたときの感動が伝わる。
少しだけ、治療の先には何もない!って卑屈になってたから、今日、このブログに出会えて大きく気持ちが変化しました。

ちょっと立ち直るきっかけをもらった気がします。
野辺さん、まぐ♪さんありがとう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村  ←ポチポチ

採卵〜移植パート5 / 02:46 / comments(3) / trackbacks(0)
治療続ける?少し休む?心の整理がつかない
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

判定日に陰性をもらうと、続けて来た膣座薬、エストラーゼの貼り薬は中止。
そうするとリセットがくる。

「もしも次の周期に採卵をするなら、D1〜D3までに受診してください。」
それがお決まりの言葉だ。

D3までのホルモン値とエコーで状態をみて、トライできるか判断してくれる。


ただ・・・

判定日後すぐにリセットされることも珍しくないため、D3まではそんなに時間はない。
D3が日曜日だと、D2までに受診することになるためもっと短い!

判定日の結果を「ダメだった」とだけ夫にメールしたら、「次は頑張ろう、次があるさ!来月からできるの?少し休みたい?」という夫からのメールに、「わからない。」とだけ返し、そのままだった。
夫婦で今後の方針を話合わなくては・・・。

しかし平日ゆっくりすることもなく、リセット。
予約を入れるタイムリミットだ、どうしよう。
もしここで受診を逃したら、次の受診は次のリセット後のD1〜D3まで、丸1ヶ月遅れてしまう。。1ヶ月という時間は私にとって、長い。

でも・・・まだ気持ちが・・・あああ・・・

複雑な気持ちのまま予約を入れました。


ストップすることも怖い、お休みすることも怖い。
次に進まないと、何かしてないと、って追いつめられてるみたいで余裕がない。
この状態ダメだなぁ〜、っとわかってはいるんです。
気持ちがついてってないな、って。


そして、この日の夜、大泣きすることに。
夫にいままでの思いを打ち明けることになりました。つづく
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ←ついにパート8

採卵〜移植パート5 / 00:01 / comments(0) / trackbacks(0)
不妊生活が長くなるだけ、終わりにしたい
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち


金曜日の夜、休日の予定を聞かれ、
「明日は11時から病院だから。」と答えると、
夫が「ぬお?!今回お休みするのかと思ったよ〜。」とすごく嬉しそう。

なんかそれを見て、
治療を進めることをこんなに喜ぶんだ、、と夫の気持ちを改めて知った。
判定日からいままで、腫れ物に触らぬような感じでこの話を避けていた夫。
「くじけてるのかと思ったよ。」と言われ急に涙が溢れて来て、悲しくなりました。なぜかは不明。。

でもくじけてると思ったならば、NGだったときに一緒に居て欲しいのだ。
この世で誰が一緒にいれます?夫しか共有できないんです。

「治療するのはいいけど、判定日には一緒にいてほしい。」と涙目でやっとの声で言いました。

すると、ホントあいつ、ダメなやつだとは知っているけど
「だって平日でしょ?」って第一声で言いやがったんです。

心の中でしらけますよね。しーーーん。しーーーん。

あのさ、いままで治療してて、卵胞チェックにはじまり、注射、採血、採卵、移植、
平日休日関係無しに振り回されてるの誰?平日だからって理由で病院断った事あります?
その度に悪いけど100回くらい会社に迷惑かけてるのよ私は!
あんた、判定日に休めとか早退しろって言ってるわけじゃないでしょ、判定日ってだいたい多くても年間4回くらいでしょうが!その日くらい会食とかミーティングを入れずに、早く帰ってきて私のフォローするのがそんなに難しい?!バカメ

ってことは言わずに、
「判定日にひとりはイヤだよ」「一緒に居るだけでいいんだよ。」って訴えました。

すると、夫は居間の方に行き、ケータイでなにやら遊んでいる。

信じられない、今の話の終わりどこ?
包丁あったら刺してたかも。
以前から不謹慎だし、人の気持ちなんてわからないやつだとは思ってたけど、
そこまできたか。。。

「人が泣いてんのに、何やってんの。」・・・あきれる
「え?泣いてると思わなかった、笑ってると思った、ごめん。」

笑ってる?ま、もうそれはもう置いといて。(そこつっこむと話が脱線しそうだから。)

「私の気持ち全然わかってない!!」(思いっきり怒鳴る。)
「俺が悪かったごめん・・・」

よく夫は、その場しのぎで“ごめん”と謝ることがある。何に怒っているのかも、何で謝っているのかもわからないけど、取りあえず怒ってるなら謝ればいんでしょ的な。
今回はちょっとわかっている様子でした。←これ・・・ホントは当たり前ですけどね。

もう、この際だから話合おう。
いままで何もなかったかのように平然と暮らしているのが不思議なんだ、
こんなこと続けるの限界にきてる。

そして、このペースで治療するのは、続けても私36歳、夫38歳まで。(来年の1月まで)
そこまでに授からなかったら、養子についても真剣に併用して考えたい。と告げました。
きっぱり自分の子供を諦めるではなく、じょじょに行動を起こすということ。

「それができないなら、もう今でもいいけど消えてしまいたい。」「毎日が苦痛、つまんない・・・」と終始泣きながら言うと。

「今、そんなにつまんないの?」と夫はかなり動揺。
人生がつまんないと言う私を、信じられないという声でした。
夫が驚くのもわかります。夫には仕事があって、この7年めまぐるしく状況は変化し、急スピードで出世しました。ビジネスマンとしては順調です。

同じく7年を私はどう使ってきた?進んだことはあるのか。
最初から最後まで赤ちゃんを望んでいるだけじゃないか。

つまらないの?への答えを「まったく。。。」と返し、「一日一日生きているたびに、不妊の生活が長くなるだけ、辛い日々が長くなるだけなんだよ。だったら終わりにしたい。」と言いました。

死にたい願望とか無いですけど、
もうこの沼から脱出したくて、どうしようもないんです。不妊生活とは無縁の場所に行きたい。

無心になり、修行僧のように強くまっすぐな気持ちがあれば、5回、6回、7回って続けるかもしれません。でもそれが良いのかもわかりません。
自分と一緒に生活している人が、一応は笑っていたはずなのに、楽しい事が何もない、毎日つまんない、と言う。どう思ったでしょう。でも事実ですから。

”意外”と感じたなら、それだけ私を見てなかったってことです。
父が死んでから幾度となく私は、このブログでつまんない発言をしてます。夫にも言ってたはず。

そして「明日の病院に一緒に行くから、もう泣かないで。」と言われ、泣き疲れて眠りました。
夫から病院に行くと言ったのは初めて。


不妊治療をしてて泣いたのは、流産したとき依頼。
体外をしてからは一度も泣いたこと無かったけど、一気にきたようです。


つづく

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
採卵〜移植パート5 / 22:11 / comments(7) / trackbacks(0)
誰よりも前向きな人・・・
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

タイトルのこと、それは・・・私の先生です。

何があっても前向き。
ただ信じて、赤ちゃんが授かることだけを考えて、悩んで、手を変え品を変え、
私が治療を続けてくれるように、不安をできるだけ解消できるように、言葉を選んで話をしてくれる。


私(少し夫も)は、治療を止めることを常に頭のどこかにおいています、今も昔も。
少しのきっかけで続けたり、諦めたり、休んだりできる状態。不安定な波の中をフワリフワリと浮遊している感じ。

このまま続けていいのか、このままどうなるんだろう、という不安は
先生と話していると不思議と消えていきます。

「やりまーーす!」と元気良く意気込むことは、もうないけど、
「・・・まだ、やってみようかな。」と思え、心の中で何かが整理されていく。

先生に出会えてなかったら、数年前に治療事態を止めてたでしょう。
私が沈んでいるときに、先生がひっぱってってくれるから、また続けられます。
先生、いつもありがとう。
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ いつも応援ありがとうございます。みなさんのコメントで心が温まりました。
にほんブログ村
採卵〜移植パート5 / 17:10 / comments(4) / trackbacks(0)
夫、先生、私
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

どちらかはっきり決まらぬままの気持ち、整理がつかないまま、体外受精パート8は始まった。。

前日夫の前で泣いたため、「病院に一緒に行く」と自ら言った夫が一緒です。
土曜日の待合室は・・・すごいことに。。受付は戦場。

採血をして、1時間まち、
その結果によってスタートできるか決める。

もう誰に何を言われなくてもわかるこの段取り〜・・・。

久しぶりに夫と先生の対面。保護者を連れて来たみたいで私がドキドキする。。

前回の判定日にはけっこう先生に暗い顔をしてしまったし、
困らせたかなぁ〜。などと考えてた。

先生は、夫を連れてくと、夫と話す。
表情は固く、いたって真面目。にやりともしない。

あ、先生真剣な顔。医者の顔。(なんかよそいきの顔してる)

せっかく夫が登場したのだから、治療や、今後について、自分の口で聞いてもらおう。
私はできるだけ黙っていました。
自宅で「今日ね、先生が」って私から又聞きで話されるのと、カルテをじっと見つめ、眉間にシワよせなかがら考え込む先生に、あの診察室の中の空気で聞くのとじゃ、だいぶ違うわけです。はいー。

夫はあらゆる場で緊張せずに、自分からはっきりと質問ができるタイプ。

今回の夫の第一声は・・・

「先生、今年中に・・・あと何回くらい移植はできるものでしょうかっ!」だった。

ほほーー、そうきましたか。
私が昨日、このペースで治療するのは36歳(来年の1月)まで!と訴えたから、それまでチャンスは何回あるのか気になってるんでしょう。
1年間、休憩なしで体外受精漬けだったから、夫もだいたいは予想できてるはず、でも先生から聞きたいんだと思う。私もそうゆうことばっかり、先生の口から聞きたい!って。。

先生は、「奥様は刺激をあまりしない方法なので、そうですね・・・身体にあまり負担をかけないので・・・極端に言っちゃうと、採卵は毎月できるんです。」

えええ!と心の中で驚く私。
夫は、ちょっと喜んでいる様子。

先生はすぐに続けて「でも・・・気持ちが続かないでしょう。」と私を見る。

「は、はい・・・」と小声でうなづく私。

やっぱ先生わかってるぅ〜〜〜っ、また涙出てきそうだよ。
(夫がわかってないってことじゃなく、家族でも夫婦でもなく、ただ先生なだけなのに)

「日々泣いて暮らしてるので、そうですよね。」と夫。

おや、夫も同意見?
いつもなら「やれるだけやろうよ。」「お金が続く限りするの」と言ってたのに。
妙に素直だなぁ。

ま、先生の言う事とホントに意見が一致したんでしょうね。めずらしい〜

夫はもう1点「平均で、どのくらいの回数が妊娠率高いんでしょうか。6、7回ですか?」と聞いた。
先生「いえ・・・、それがけっこう早く、4回くらいで結果でてますね。」

そっかー。だよねー。
ウソついて気を使っても仕方ないもんね。
妊娠しやすい回数を上回ってしまったのはガツンとくる事実。
体外受精の年齢別の妊娠率が30%なんだから、わかってたことなんだけどね。。


今日は夫と一緒に受診して本当に良かったと思いました。
このタイミング、4回の失敗のあとのスタート時、土曜日、全部うまく重なって
絡まり合ってた気持ちが、ひとつずつ紐解かれていくようでした。

パート8は始まったのです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村   プチポチしていただけると、うれしいです。



採卵〜移植パート5 / 23:34 / comments(3) / trackbacks(0)
私の心のリハビリ
JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

私のリハビリ方法は、今までにいただいたコメントを読むことからはじまりました。
判定後のものは特にじっくり読み、励まされ、考えさせられました。
言葉にするにはまとまらなく、なかなかお返事ができなかったけど、気持ちを整理するために何度も読み返してました。大切なメッセージに改めて、感謝です。

結婚3年目で不妊治療の門を叩いたのは私たち夫婦、いや、ほとんど私。産婦人科でとてつもなく肩身の狭い思いをしたこと思い出しました。
あの日から治療が始まったんですね。

不妊治療の世界に足を踏み入れて良かったのか、悪かったのか、
いつかわかるんでしょうね。今・・・?まだわからないです。

わかったのは、子供を望んでもできない人の気持ちがどれだけのものか知ったことと、日本が子供のいない夫婦や望む夫婦に冷たいということを・・・知りました。
そしてこれからの人生について、毎日よく考えるようになったこと。

過去記事を見ると、ただ信じて気持ち良いくらい前向きに進んでいる私もいて、
ブチ切れてお休みしている私もいる。
全部私。

時には落ち込んでもいいか。と吹っ切れるようになってきました。

アンケートにご協力ありがとうございます!だいぶ集まりました〜、しかしすごい金額みんな支払ってますね。。時間かかりませんっ一言熱いメッセージも!

採卵〜移植パート5 / 00:23 / comments(0) / trackbacks(0)

<< New   /   Old >>











Your recomend
Recommend
hibikiの本棚

health&beauty
sponsor
others
/* -- グーグルアナリティクス用 -- */